So-net無料ブログ作成
検索選択

MERSの症状や潜伏期間はどれくらいなのか!? [ニュース]


現在韓国国内にて感染を広げているMERS(中東呼吸器症候群)
すでに数名の死亡者さえ出しているこの病気
一体どんな症状がみられるのでしょうか。

このMERSの病原菌がMERSコロナウイルスです。
潜伏期間はインフルエンザより長く約2週間前後と言われています。

主な症状としては、
発熱、咳、または下痢の症状など、
風邪に似た症状が多いため風邪と間違って
そのまま病院へ行くというケースが増えているそうです。

さらに潜伏期間も長いため、
感染者の周囲、または病院などで感染してしまい
さらなる2次感染者が増えていると考えられています。

感染症であるために
韓国ではマスクをつける人が続出するなど
予防意識の高まっている模様。






韓国政府MERS病院リスト公開!



このために韓国政府は
MERS感染者が利用者した病院リストを公開し、注意を呼びかけることに。

MERS感染者が利用した病院は、
発症した患者がいた病院が6棟
一時滞在した病院18棟をまとめて公開。

しかし、その後このリストに間違いがあったことが発覚し
韓国市民からは非難の声があがるなど大混乱状態に。

それほどまでに政府側も国民も
MERSの脅威を感じているということでしょうね。
この感染症の広がりを抑えることができるのか。

事態はかなり深刻なようです。

関連記事:
MERS感染症状による致死率は?予防対策は?
MERSの症状への懸念?日本の対応は?


スポンサーリンク






タグ:mers 症状
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
トレンド情報屋さんの歩録(blog)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。