So-net無料ブログ作成
検索選択

和歌山のイルカ漁反対におこる今後の影響は?? [ニュース]


今日本の水族館では当たり前のように
目玉としている人気動物イルカ
そんなイルカを我々は見れなくなってしまうかもしれない
という危機に陥ってしまいました。

yjimage.jpg
http://webronza.asahi.com/politics/themes/29140128...より引用

先日、和歌山の太地町で行われているイルカの追い込み
倫理規定違反に基づくきわめて残虐的な行為であるとして、
WAZA(世界動物園水族館協会)は日本側に
「イルカ漁をやめるか、それともWAZAからの除名処分」

という厳しい選択を迫られました。

日本動物園水族館協会は今回
苦渋の決断ということで
「イルカ漁の取りやめ」を決定しました。

これにより今後和歌山ではイルカ漁を続けることができなくなってしましました。






イルカ漁がなくなるとどうなる??



ではこれからイルカ漁がなくなれば、
私たちにどういった影響が出るのでしょうか?

まず、第一に危惧されていることとして
日本の水族館からイルカがいなくなってしまうのではないか?
という影響です。

なぜならば、私たちが普段水族館内で目にしているイルカたちは
ほとんどのイルカが和歌山のイルカ漁によって
捕まえられてきたイルカたちだからです。

現在イルカの人工妊娠は極めて困難なこととされており
成功しても一回の妊娠で1匹しか生まれず、
その後半年まで生きているイルカの子供は3分の2と言われています。

海外ではこのようなイルカの人工妊娠が一般的であるため、
当然の決断だったという声もありますが、

今後日本では水族館内のイルカの減少が目立つようになってしまうでしょう。

さらに和歌山でイルカの追い込み漁によって
生計の一部をなりたてていた人々にとっては
まったく仕事が禁止されてしまうわけですから、
かなりの痛手でしょうね。

関連記事:イルカ漁反対に日本人の反応は・・・?


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トレンド情報屋さんの歩録(blog)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。